アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード ハワイ パワースポット旅行記 Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】プロモーション
マノア滝

マノア滝トレッキング(MANOA FALLS TRAIL)

(公開: 2011年10月27日 更新: 2011年12月19日)

≪20011年9月 初訪≫

ワイキキから車で15分ほど離れた、ハワイ大学の裏手にあるマノア渓谷(コオラウ山脈南麓)にマノア滝に繋がるトレッキングコースがあります。

駐車場からマノア滝まで片道約1.5キロ(約40分)のコースで、ところどころ湿っていて歩きづらい場所もありましたが大部分が整備されており、我が家は夫婦と4歳の子供とで行きましたが、問題無く登りきって目当てのマノア滝まで行くことができました。

とはいっても半分ぐらいはおんぶしましたが・・・。イメージ的には高尾山に登るような感じです。

マノア滝トレッキング(MANOA FALLS TRAIL)


クカニロコのバースストーン

クカニロコ(ワヒアワ)のバースストーン(Kukaniloko Birth Stones)

(公開: 2011年10月06日 更新: 2012年01月24日)

≪2009年5月 初訪≫
オアフ島のほぼ真ん中に位置するワヒアワ地区にある、「クカニロコ・バースストーン(Kukaniloko Birthstones)」です。

古代、ハワイの王族女性がその岩の上で出産したという史跡で、赤土の道路の先にユーカリとヤシの木の林があり、木々の間に横たわる赤土にまみれた大小の岩々があります。

バースストーン01 バースストーン02

クカニロコで生まれた子は偉大なる力を得るとされ、またバースストーンはお産の痛みを和らげるといわれていました。聖地とされているこの場所は、当時、王族以外は立ち入り禁止で、もしその掟を破った庶民が足を踏み入れたらその場で処刑されたそうです。

クカニロコ(ワヒアワ)のバースストーン(Kukaniloko Birth Stones)


癒しの海 カヴェヘヴェヘ(KAWEHEWEHE)

(公開: 2011年10月05日 更新: 2012年01月11日)

≪初訪 2009年5月≫

ワイキキのハレクラニホテル前のビーチが、癒しの海と呼ばれるワイキキのパワースポット、カヴェヘヴェヘ(KAWEHEWEHE)です。

カヴェヘヴェヘは古来から病んだハワイアンが水浴びに集まった場所で、病気や痛みを癒す力があると信じられています。なお、「カヴェへヴェへ」とは、ハワイ語で「病気の除去」を意味します。

周辺の浅瀬は珊瑚礁で覆われているのに、ちょうどこのハレクラニ~アウトリガー・リーフ前の海には珊瑚礁どころか藻もなく、海底がきれいな砂地になっています。それは付近の海底から淡水が湧き出ているというのがその理由で、地中に溜まった雨水がこの海域で吹き出しているのだそうです。

砂遊び中

遊んでいる子の奥の方の海がカヴェヘヴェヘです。本来は海だけの写真を載せるんですが、子供の遊びに付き合っていたら、カヴェヘヴェヘの写真を撮り忘れました(´・ω・`)

癒しの海 カヴェヘヴェヘ(KAWEHEWEHE)


日本のパワースポット旅行記7 ゼロ磁場 (分杭峠)

(公開: 2009年10月22日 更新: 2011年12月19日)

ウチの奥さんが昔から行きたがっていた、『ゼロ磁場(気場)』の分杭峠に行ってきました。

簡単にいうと、ゼロ磁場とは地殻変動の巨大なエネルギーがぶつかり合って、N極とS極の磁気がお互いを打ち消しあっている場所を指します。この分杭峠は、中央構造線と呼ばれる世界最大級の大断層の上にあって、左右から押し合う断層のエネルギーが満ちていると言われているそうです。

なお、中央構造線上には諏訪大社、伊勢神宮、石鎚山、阿蘇山などのパワースポットが点在し、大国主命の国譲り神話に関わる神々もこの線上に祀られているとのことです。興味がある方はこちらのサイトに詳しく載っています。⇒分杭峠(ぶんぐいとうげ)ゼロ磁場の情報サイト

日本のパワースポット旅行記7 ゼロ磁場 (分杭峠)