-3月-2009の記事

ラニアケアビーチ(海ガメビーチ)

(公開: 2009年03月30日 更新: 2011年12月19日)

ノースショア(ハレイワ)でウミガメの甲羅干しが見れるビーチが「ラニアケアビーチ(Laniakea Beach)」です。

ウミガメはハワイ語では「honu(ホヌ)」と呼ばれていて、海の守り神と崇められ、長寿と幸福の象徴だそうです。

ラニケアビーチの海ガメさん01

爆睡中のHonuさん。確かに長寿で幸せそうです。スヤスヤ寝ているHonuさんは、見ているこちらまで心が温かくなります。

ラニケアビーチの海ガメさん02

砂浜に残った足跡がかわいいです。

ここでは「malama na honu」という団体が海ガメを保護していて、甲羅干ししている海ガメの周囲は、赤いロープで囲まれています。ビーチにあがってくる海ガメにはそれぞれ発信機が装着されているらしく、何歳なのか、どの辺りにいるのかなどチェックしているとのことです。

malama na honu ラニケアビーチの海ガメさん03

ちなみにこのHonuさんの名前は「OAKLEY(ハワイアンネーム:Me Aloha)」で、年齢は20~25歳だそうです。

ラニアケアビーチ(Honu Laniakea Beach)情報

  • 場所 : ノースショアのハレイワの町からカメハメハ・ハイウェイ(83号)を北上すると、道路脇(ビーチと逆側)に駐車スペースがあります。
  • 注意点 : ハワイでは法律で、亀に触ったり、いじめたり、エサをやったりすることが禁止されています。ルールを守ってHonuさんのお昼寝を邪魔しないようにしましょう。
  • ラニアケアビーチ(Honu Laniakea Beach)周辺の地図と写真

    スポンサードリンク


    ハナウマ湾(Hanauma Bay)

    (公開: 2009年03月15日 更新: 2011年12月19日)

    ハナウマベイは、1961年に撮影されたエルビス・プレスリー主演の映画「ブルーハワイ」の舞台にもなったオアフ島で最も人気のある海洋公園です。

    青く澄み切った海、大きく弧を描いた白い砂浜、美しい珊瑚礁、そしてカラフルな熱帯魚。シュノーケリングには最適なスポットです。

    ハナウマ湾01 ハナウマ湾02

    ワイキキからザ・バスで行く場合は22番、または58番を利用します。ハナウマ ベイ入口まで行く22番の方が便利ですが、本数は少なく、かなりの混雑が予想されます。

    レンタカーで行く場合は園内の駐車場が300台のみですので、朝9時前には到着していないと満車になっている場合が多いですので注意してください。

    タクシーはワイキキから25ドル程度です。ただし帰りのタクシーはつかまらない可能性が大きいので、乗ってきたタクシーに時間指定して迎えに来てもらうのが良いかと思います。

    ハナウマ湾(Hanauma Bay)情報

  • 場所 : カラニアナオレ・ハイウェイをハワイ・カイ方面に進み、ココ・マリーナショッピングセンターを越えて坂を上りきった右側。
  • 開園時間 : 6:00~18:00(夏期は19:00) ※火曜日は清掃及び環境保護のため閉鎖
  • 入園料 : 大人(13歳以上)・・・5ドル、12歳以下・・・無料
  • 開園時間 : 6:00~18:00(夏期は19:00) ※火曜日は清掃及び環境保護のため閉鎖
  • 注意点 : ハナウマ湾は自然保護区になっており、美しい海や自然、多数の生物たちを守るために、一般のビーチより厳密な規制が設けられています。魚への餌付けの全面禁止、水溶性サンオイルの使用禁止、禁酒、禁煙、砂・珊瑚・貝殻等の持出し禁止など、環境保護のために定められたさまざまな規則があります。
  • ハナウマ湾(Hanauma Bay)周辺の地図と写真

    スポンサードリンク


    アーリーチェックインについて

    (公開: 2009年03月10日 更新: 2011年12月19日)

    結論から言います。

    子連れ旅行なら絶対にリクエストしておいた方が良いです。

    多少、追加料金がかかってもそれだけの価値はあると思います。我が家は12時からチェックインできたので、とても助かりました。

    【参考】アーリーチェックインとは
    ホテルなどの宿泊施設の規定のチェックイン時刻(通常は15時頃) より早くチェックインすること。到着時に部屋が空いていればできる場合が多いが、追加料金がかかることもある。

    我が家の旅行の場合、19時45分成田発 ⇒ 8時30分頃(現地時間)ホノルル着で、現地ツアー会社のバスでDFS(デューティーフリー)へ移動。

    1時間のショッピング(ひやかし)後に、DFSビル内にある現地ツアー会社のオフィスにて30分のガイダンスがあり、11時過ぎには解放されていました。

    サングラスをかけてやる気の坊主

    ホノルル空港では元気だったウチの坊主も4時間程度しか寝ていないので、だんだんご機嫌斜めになってきました。というわけで、DFSから散歩がてら20分程度歩いて、宿のリゾートクエスト(アストン)・ワイキキ・サンセットへ。この旅行は部屋が大きいのと、キッチンがしっかりしているコンドミニアムタイプの部屋にしました。

    到着後・・・

    爆睡

    爆睡!このまま3時間ぐらい眠っていたので、大人たちも仮眠をしたりして休息できました。

    個人旅行や夫婦、友人同士の旅行であれば15時まで観光していればいいので、アーリーチェックインは特に必要ないかもしれないですが、子連れの場合はホント申し込んでおいて良かったと思います。

    スポンサードリンク